便利な情報保護システム

介護事業所が注意するべきこと

介護

介護保険のサービスには、通所介護や入所介護など様々な種類があります。介護事業所では、サービスを提供するにあたって利用者の基本情報やサービス計画書などの作成や保管が義務付けられていますが、個人情報の取り扱いや管理には十分に気を付ける必要があります。 現在では、多くの事業所が事務作業をする際にパソコンを使用しデータ管理なども行っていますが、時としてパソコン上から情報が漏えいしてしまうこともあります。特にインターネットを利用したやり取りには注意が必要ですが、最近ではセキュリティやメンテナンスなどがしっかりした介護ソフトなども販売されているので、それらを有効に利用するなどしてしっかりと個人情報を保護することが大切になります。

知っておくと良い情報

通所介護の場合は、介護保険が利用できる通所介護と介護給付の通所介護がありますが、介護ソフトは各事業所の内容に応じた機能が備わったものが多くなっています。 介護ソフトの機能はソフトによってそれぞれ異なりますが、利用者の基本情報を登録し、予定実績の管理や請求伝送システムなどが同時に備わっているものが主流となっています。その他には保険外のサービスを提供する場合の利用料金が算定出来るものや、介護スタッフの勤務表や求人票なども作成できるものなど様々なものがありますが、不要な機能が付いていたり使いづらいものであっては仕事の効率化を図ることができなくなってしまいます。 最近では無料で試用ができる介護ソフトも多いので、使いやすいものを選ぶことが大切です。