活用したいソフト

ASPを活用する上での注意点

介護

介護サービスをサポートする介護ソフトが、人気を集めるようになりました。通常のソフトウェアと同じように、介護ソフトにも2種類存在します。購入して利用するパッケージ版と、レンタルして利用するASP版の事です。 購入して利用するパッケージ版で最も有名と言われているのは、国保中央会介護伝送ソフトです。これは請求するデータを管理するためのソフトであり、限られた機能しか備わっていません。しかしそのおかげで国保中央会介護伝送ソフトは、リーズナブルな価格を実現しています。 それに対してレンタルするタイプはASPという技術を使っています。ASPは継続的に課金をするため、初期投資額を抑える事が可能です。しかし使い続けている間は、利用料金の支払いが必要になります。

パッケージ版の利点について

ASPにも利点はありますが、大規模の事業者には不向きな部分が多いと言えます。ASPが利用されやすい理由は、高額な初期費用を軽減する意味が大きく、大きな事業を展開している業者にとってはさほど問題ではないからです。それどころかレンタル中の課金は、利用者や用いる機能の数に比例するため、規模が大きいほど支払い額が膨れ上がります。 継続的に課金する事を望まないのであれば、国保中央会介護伝送ソフトのように一括購入できる方が優れています。これらは初期投資額こそ大きいものの、一度入手してしまえば購入者の財産になるのです。つまりいくら利用しても課金を求められません。国保中央会介護伝送ソフトを例に挙げれば、必ず行う請求データの伝送処理において、これ以上投資する必要はなくなります。